のぼりを利用することによって経済効果はあるのか

みなさんは買い物の時などにのぼりを見ることがあると思います。一般的には書かれている内容はどこのお店においても似通ったものが多いように感じませんか。やはりあれば一般的に注文が多いものと少ないものがあるみたいなのです。普通の買い物の中で見る文字と言えば、「大売出し」、「激安」、「お買い得」などといった感じのお得感をアピールしているようなのぼりが目立つように感じています。そのようなのぼりでお客さんを呼ぶことはできているのでしょうか。経済効果がないのであればのぼりを設置している意味は全くありませんよね。そこで今回はそのようなことに関連した話をしていきたいと思います。みなさんは買い物をする際にのぼりがあるから入っていくということはありますか。知らず知らずにそのようなことになっていることがあるのかもしれません。みなさんも考え直してみてください。飲食店などをどこでも良いから探しているときにこのようなのぼりが飾っていると入ってみようという気持ちになったことはありませんんか。それは「営業中」というのぼりです。私の場合にはどこのお店に行こうか予め決定していない場合にはそのようなのぼりが目に入るとここでも良いかなと感じてしまうことがあるのです。それも考えてみると効果を及ぼしてることになるのではないでしょうか。またのぼりにおいて効果を及ぼされやすいところとしては、やはり観光地が挙げられます。特産品などと書かれているお店を見ると何が特産品なのだろうと言うことで近づいていってしまいますよね。また、そのような文字だけののぼりではない可能性もあるのです。それはどのようなことかと言うと、例えば国旗をのぼり代わりに利用しているところもあります。また、その他にも商品をのぼりに印刷して用いているところもあるのです。そのようにすることによってこれは何に関するお店なのかをアピールしているのです。それをアピールすることによって消費者側としても得体の知らないお店よりも入っていこうかなという気持ちになるのです。ですから経済効果としては案外高いのかもしれません。

しかしそれは使用の仕方によっても効果の方は大きく異なってきますけどね。みなさんも是非とも自分自身が買い物するときのことを思い返してみてください。案外身近なところでそのようなことを意識しながら買い物をしていることがあるかもしれませんよ。

そしてお店を経営している人はのぼりを効率的に利用してみましょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*